AUTHOR

GOZI帆布店主Gozi(ごじ)といいます。 発想がカタチになるモノ作りが楽しくて、帆布でかばん、小物を作っています。

  • 2020年2月16日
  • 2020年2月17日

帆布製品の取り扱いで気をつけること。帆布バッグの保管について。

帆布製品にとってカビは大敵です。 カビないように保管しましょう 帆布製品はカビます。 GOZI帆布では、商品お買い上げのときに、各シリーズごとの「帆布の特徴とお手入れ方法」をお渡ししていますが、さらに帆布製品の保管について詳しく記します。 天然の綿帆布製品は通気が悪いとカビが生えることが有ります。(綿帆布の生地は湿気を吸ったり吐いたりします。湿度が高いと生地は湿気を吸い、抜けないとカビが発生します […]

  • 2020年2月11日
  • 2020年2月16日

帆布のかばんを作ったら 継続しましょう Goziの帆布カバン教室 ⑩

始めるより続ける方が難しい ■ 製品制作を続けるために スキルアップ 技量向上は、とにかく作品(製品)を数多く作ることです。 今日明日で、突然いろいろなことが分かり、ベテランのようなスキルになることはありえません。常にコツコツと楽しんで作ることです。 分からないことはとことん考え、作り続けてまた考えて、失敗した経験の積み重ねでだんだん身についていきます。ヒントはどこかにあります。 昨日までできなか […]

  • 2020年2月9日
  • 2020年2月9日

帆布かばんの本作(製品)を作りましょう Goziの帆布カバン教室 ⑨

Goziの帆布製品制作方法 製品制作 ■ 本作(製品)を作る ● 生地の切り出し方 一つだけの制作なら一つ分を効率よく。 まとめて多く制作するなら、効率よくパーツを切り出すため、まず製品をいくつ作るか決めます。 作る数に応じて切り取り方が変わるからです。 切り出し方は紙に生地の絵を書き、パーツを書き込み、切り取るブロックごとに区切ります。(下の図の680mm、500mm、480mmが各ブロックにな […]

  • 2020年2月7日
  • 2020年2月17日

帆布かばんの試作を作る Goziの帆布カバン教室 ⑧

Goziの帆布製品制作方法 試作 ■ 試作を作る デザインを元に展開図を描きます。 その展開図を元に試作を作り、変更点の有無を検証します。 ● デザインをカタチに デザインが決まれば、今度は決めたデザインを元にフリーハンドで構わないので展開図を描き寸法を入れます。 ここでも大きな紙を使います。 デザインが良いなと思っても、実際には現実不可能なこともあります。 組み立てを想像しながら展開図を描きまし […]

  • 2020年2月6日
  • 2020年2月17日

かばんデザインのコツ 思考法とヒント Goziの帆布カバン教室 ⑦

Goziの帆布製品制作方法 デザイン ■ デザインを考える 作るもののテーマが決まれば、それをどんなデザインにするかを考えます。 ● デザインしましょう デザインがカタチになるかどうかは別として、デザインするということ自体はそれほど難しくはありません。 まず、鉛筆と大きい紙を準備します。Goziはカレンダーの裏を利用します。 紙の左上にテーマと日付けを書き込みます。 そして、 とにかくテーマに沿っ […]

  • 2020年2月5日
  • 2020年2月17日

帆布のかばんを作るときに最初にやること  Goziの帆布カバン教室 ⑥

製品制作の方法を解説していきます はじめに 私Gozi(ゴジ)がカバンを作り始めたとき、今までこの世に無く、自分の頭の中にだけにあったものを現実に出現させて、それが誰かの役に立てること、生活の一部になることにとてもワクワクしました。 今は、製品制作は自分の頭の中からよりもっと上の方から。選んでくれる人、使ってくれる人に「作らせて頂いている」という感覚です。 そんな思いで制作している私Goziが、実 […]

  • 2020年2月4日
  • 2020年2月17日

自身のブランドを作りましょう Goziの帆布カバン教室 ⑤

ブランドを作りましょう ブランド名を決めブランドロゴ(織ネーム)を作りましょう ブランド名を決めましょう ずっと使い続けていく名前です。一度決めたらなかなか変える事ができません。 自身のブランドを表す短い文字数で、分かりやすく。インターネットで検索しやすい、他と被らない名前にします。 名前の決め方は「ネーミング辞典」という書籍が多数ありますし、ブランド名の決め方を指南しているブログを参考にするのも […]

  • 2020年2月3日
  • 2020年2月17日

帆布のカバン作りに必要な生地と材料  Goziの帆布カバン教室 ④

帆布カバン制作に必要なもの 使う帆布生地を決めましょう 生地によって作るものがある程度決まります。反対に、どんなものを作りたいかによって、使う帆布生地や材料が変わってきます。 帆布生地 帆布(はんぷ)は厚い平織の綿生地でキャンバスとも言います。 号数 帆布は薄手の11号帆布から10号・9号・8号・6号・4号と数字が小さくなるほど厚く重くなっていきます。 加工 無加工生成生地の他、下記の色々な加工さ […]

  • 2020年2月2日
  • 2020年2月16日

帆布のカバン作りで必要な道具、工具  Goziの帆布カバン教室 ③

かばん作りに必要な道具 Goziの使っている道具を紹介します。 ■ 特に必要なもの ● A1サイズカッターマット まずは生地を切るとき、曲げるときに使うカッターマット。 できるだけ大きい方が使いやすいです。 このA1サイズは既製品のカッターマットでは最大です。サイズ900mm×620mm 表裏使えて経済的です。(OLFAのものを使用しています) ※ カッターマットを使うときには、必ずテーブルなど台 […]

  • 2020年2月1日
  • 2020年2月17日

職業用、工業用の厚物ミシンを使いましょう  Goziの帆布カバン教室 ②

厚物用ミシンは必須です かばん作りに必要なミシン は? ● 厚物用ミシン まず、帆布や革の地の厚いかばんを作ろうと思ったら、最初に必要なのは厚手の生地を縫う為のミシンです。 家庭用ミシン、一般縫製用の職業用ミシンでは使える針の太さはだいたい16番。 使える糸は最大30番で力も弱く頼りないです。 さらに縫う帆布の号数にもよりますが、重ねて縫えるのは4枚程度です。 多く重ねると厚さにモーターが負けて止 […]